20代でもEDになるの?どうして?

EDは中高年だけではなく、20代の男性にも起こります。

 

 

 

確かに加齢によりEDの原因となる高血圧や肥満になる方が増えますので、高齢者の方が多いです。
でもEDの原因は加齢だけではないので、20代男性にも起こる事は十分ありえます。

 

ですので若いからといって油断はせず、EDにならないように気をつけることが大事です。

 

20代の男性がEDになる原因の多くは、心因性に因るものです。

 

文字通り精神的・心理的名要因から起こります。
具体的にはうつ病といった精神疾患や、ストレスなど様々です。

 

ストレス社会といわれる現代ですので、誰にでも起こり得るものなんです。
中にはいざと言う時に緊張してしまうために起きると言う方もいます。

 

一度の失敗経験が足かせとなり、この先永遠にだめなのではないか・・・という未来不安へと繋がります。
こうなると、自己流・一人での解決と言うのはかなり困難になります。

 

心因性のEDが中高年ではなく、20代という若い男性にも起こる理由がお分かりになったと思います。

 

なってしまった人は、具体的にどうすればいいのか?

 
最初の改善方法として今最も主流なのが、治療薬による治療です。
現在ではこれがファーストチョイスになっています。

 

医者の診察を受けて処方箋を貰う必要があるので、危険性があるというイメージが強いみたいです。

 

でも実際には治療薬に関しては安全性が高いので、心配は特に要りません。
心臓に疾患を抱えていて、投薬されている方のみ使用できないというだけです。

 

実際に専門医の問診を受ければ、処方出来るか否か判断してもらえるので安心ですよ。

 

他人には打ち明けにくい症状ですので、病院に行きたがらない男性も多いようです。

 

今はそういう男性の心情に関して、配慮している病院が多いです。

 

医師だけでなくスタッフも男性だけというのがかなりあります。
そういうクリニックで治療薬を処方してもらうのがいいと思います。
女性の方はいないので、通院もしやすいですよ。

 

ED治療薬というのは、8割の方に何かしらの効果があるといわれています。

 

100%ではないですけど、やはり悩みを抱えずに専門医に相談してみるのが確実な方法です。

 

金銭的負担を抑えて治すには?

 

ED治療のファーストチョイスと言われても、治療薬は保険適用外のため高額です。
数種類ありますが、平均で1粒が1,000円前後しますので決して安くはないですよね。

 

無くなる度に受診して処方箋を貰わないといけないと言うのも、忙しい男性には億劫のようです。

 

ですので、治療薬を選ぶ割合と言うのはかなり少ないんだそうです。

 

金銭的な負担が少ないことから、まずは食事やサプリなどを見直して改善を図ろうとする方法もあります。

 

具体的にはマカなどを使用したサプリメントですね。
こちらは治療薬と違い安全性は高いので、処方箋なども不要で手軽に購入が出来ます。

 

とはいえこちらも使用目的が目的だけあって、通販で購入する方が大半のようです。
アマゾンや楽天などであれば置いてありますので、検索して評判のよいものを試してみるのがいいでしょう。

 

サプリに関しても色々な商品があります。
症状や目的別に応じて使い分けた方がよいみたいです。
参考:脱EDで女性からモテる男性に!
保証や口コミで評判がよいものは、年数が経過しても支持が強いみたいですね。

一つだけ気をつけて欲しいのは、輸入物の治療薬には極力手を出さないことです。

 

個人輸入されたものがオークションや通販サイトに置いてありますが、独断で使うのは危険です。
先述したように、治療薬と言うのは一部の人にとっては体に負担を掛けるからです。

 

一部の方だけとはいえ危険性もあるので、処方箋が必要になっています。

 

サプリメントは基本大丈夫ですが、輸入された治療薬等には手を出さない方が身のためです。
輸入系の治療薬によって、治療薬=危険と言うイメージがついた可能性もあります。

 

予防をする事も大事

 

EDにならないように、予防をすることも大事です。

 

冒頭でも書きましたが、若い男性の場合は心因性の場合が多いです。

 

 

 

予防方法としてオススメするのは、適度な運動を取り入れることです。
運動によってEDの原因となる因子を防ぐことが期待できるからです。

 

心因性の場合ですと、ストレスもその一つです。
適度に運動をする事はストレスの解消にも繋がります。
例えばランニングなどの場合は、下半身の筋力の効果も出来ます。

 

目安としては、運動した後にある程度汗が出ているくらいのレベルが良いでしょう。

 

もちろん運動をすることが逆にストレスになる場合は、無理に行う必要はありません。
逆効果になってしまえば、本末転倒ですからね。

 

その他にも肥満や高血圧の予防に、食生活を見直すというのも手です。

 

最近ではメタボ対策として、色々な商品が登場しています。

 

飲み物もそうですが、お酒なども健康に優しいものが出ていますよね。
糖質オフのビールなども上手く活用するのも一つの手です。

 

いずれにしてもEDは男性全てに起こる可能性があります。
そして原因もいろいろとあります。

 

おやじじゃないし、若いから大丈夫と思うのは大きな間違いです。
自分も予備軍なんだという意識を持って、まず予防の意識を持っていきましょう。


このページの先頭へ戻る